フリーランスに向いている人の特徴

subpage1

会社に勤めずに働くフリーランスを目指す人が増えています。

自分の得意とする分野に絞って働くことで、多くの収入を得られると期待するからです。



けれども実際にそのような働き方に向いている人とそうではない人に分かれます。フリーランスという生活に向いているのは、探究心を常に持っているタイプの人です。



実は会社員としても高い評価を得る人で、そのまま勤めていても成功するケースが多いものです。一方で単純に会社の仕事が合わないと感じていたり、電車通勤が苦手だからとの理由でフリーランスを目指す人は苦労するものです。



そもそもフリーランスを目指すきっかけが違うわけですが、上手くいく人はさらに品質の高い仕事を求めるものです。

つまり仕事の仕方ではなく、どんなことに取り組みたいのかという視点に立っているわけです。

一方でフリーランスとして苦労する人は、その生活や働き方といった見た目に憧れを持っています。

縛られることなく自分の好きなように時間を使えることに魅力を感じるような人は上手くいきません。また成功する人は常に効率や品質の向上について考えを巡らせています。

その意味では休む時に休むという効率の良い生活を続けることができます。成功できない人は、単純に仕事をこなす時間が欲しいからと夜中まで仕事に取り組んでいたり、あるいは休日も仕事ばかりという生活を送りがちになります。


計画性がないのでお金も貯まりませんし、それとは対照的に疲労感だけが残るわけです。